BESANEEについて

BESANEEについて

BESANEE(ベサニー)は、企業様・個人店様との提携により、記事を紹介させて頂いております。

画像については、提携している企業・個人店などから送られた画像を主に使用しておりますが、一部画像は、下記引用に基づき、使用している画像も少しばかり御座います。万が一、投稿者様のサイト名やURLの記述がない場合は、お問い合わせよりご連絡頂けますと、すぐに修正させて頂きますので、お手数ですがお問い合わせまでご連絡頂けますと幸いです。

※その際は、ページURL、BESANEE類似URLを記載し、画像が本人のものである内容を記載して頂きます。

BESANEE独自の記事内容や、BESANEEに著作権がある画像については、BESANEEが所有するものであるので、URLなどは明記致しません。

<引用に関する内容>
引用(いんよう、英語:citation, quotation[1])とは、広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。狭義には、各国の著作権法の引用の要件を満たして行われる合法な無断転載等[2]のこと。
引用は権利者に無断で行われるもので、法(日本では著作権法第32条)で認められた合法な行為であり、権利者は引用を拒否することはできない[3]。権利者が拒否できるのは、著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載等に限られる。

(注5)引用における注意事項
他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。
(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)

<テキスト・文言について>
BESANEE独自が提携して発信するプレリリース情報に関しては、文言の類似などで他サイト様URLを開示いたしません。提携元より頂いた文言を独自にアレンジし掲載しております。

<類似に関するお問い合わせ>
類似については、引用とは全く異なりますので、ご返信しかねます。ご了承下さいませ。

<記事投稿に関するお問い合わせ>
BESANEEと提携されていない企業様、店舗様は、お問い合わせのプレリリースについてよりご連絡下さいませ。

今後とも、BESANEEを、末永くどうぞ宜しくお願い致します。

(BESANEE管理人)