「コラーゲン」の豆知識。たっぷり含まれている食品&有効な摂取方法

「コラーゲン」の豆知識。たっぷり含まれている食品&有効な摂取方法

「コラーゲン」についての豆知識

コラーゲンの豆知識1コラーゲンとは、皮膚細胞等でハリ、弾力を保つ役割としての「足場」を担っています。細胞内に水分を取り込むヒアルロン酸がまず存在し、それをコラーゲン組織が支えて肌が成り立てています。お肌の70%がコラーゲンで構成され、内蔵、筋肉、骨、関節、目、髪などのカラダ内に存在しています。コラーゲンは細胞と細胞のすき間をうめるように繊維状または膜状に存在しています。コラーゲンと紫外線紫外線にさらされることで、コラーゲンは堅くなったり量が減少で、肌のたるみ、シワをつくる原因になります。コラーゲンの体内に20歳代でもっとも多く、それ以降は減少傾向・・・・40歳代では半分以下になると言われています。今回は、女性にはとっても大切な、コラーゲンについてコラーゲンが多く摂取できる食材などなどをご紹介させて頂きます♪

コラーゲンがたっぷり含まれている食品とは?

アンケートサイト「みんなの声」のアンケート結果によると、このような結果がでています。
【コラーゲンたっぷりの食べ物といえば?】コラーゲンが多い食材アンケート結果にある食べ物はいずれもコラーゲンが多いとされている食べ物になります。(ゼリーは寒天ではなくゼラチンのゼリーに限ります。)コラーゲンは皮膚や骨、軟骨、腱などに多いとされていますので、それを含んでいるものが上位に挙がっていますね。またコラーゲンに熱を加えて変化させるとゼラチンや煮凝りのようにプルプルとした食感に変化します。アンケート結果の中でもこのような食感を持ったものが多く並んでいますね。そのほか、骨をそのまま食べられる骨せんべいや小魚などもコラーゲンを多く含んでいます。

コラーゲンの有効的な摂取方法♪

コラーゲンが多い食品コラーゲンを食べても、一度アミノ酸に近いレベルまで消化されてから、吸収されて、それをもとにコラーゲンが作られます。コラーゲンを食べる量が少ない人でも、きちんとタンパク質をとっていれば、コラーゲンの材料は肝臓で作ることができます。そのため、身体でコラーゲンを作るためには、コラーゲンを作るための酵素をきちんと働かせることが大切です。そして、この酵素を働かせるのに、ビタミンCと鉄が必要とされています。コラーゲンの多い食べ物に合わせて、きちんとビタミンCや鉄分も補給しましょう。

コラーゲンにはどんな効果があるの?

コラーゲンの効果とは?コラーゲンは、体の弾力をつくり出しているたんぱく質のひとつです。皮膚や骨、血管などに含まれ、細胞と細胞を結ぶ働きをしています。コラーゲンには弾力性があるため、肌ではハリや弾力をもたらす効果、関節痛を緩和する効果、骨を丈夫にする効果、血管ではしなやかさを保ち動脈硬化を防ぐ効果など様々な働きが期待されています。
コラーゲンの健康効果
◎美肌効果
◎関節痛を改善する効果
◎骨を丈夫にする効果
◎動脈硬化を防ぐ効果

コラーゲンの減少は、体にどのような影響があるの?

コラーゲンの減少ショックな事実かもしれませんが・・・体内でつくられているコラーゲンは、25歳頃をピークに落ちているのです・・・!なので、コラーゲン減少と老化は比例します。コラーゲンの主成分のたんぱく質があることにより、新陳代謝がはたらいています。このたんぱく質が減少することによって、新陳代謝のはたらきが悪くなり、老化が始まってしまうんです・・・。イラストのように、コラーゲン減少により、肌の構造が崩れてきて、シワなどの老化が始まることがわかります。老化防止、つまり新陳代謝をアップさせるためにも、
コラーゲンが重要になります。また、一般的に言う「老化」(エイジング)が始まってしまいます。また、髪の毛のツヤやハリがなくなり、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えたりもします。

ひとこと
老化防止、つまり新陳代謝をアップさせるためにも、コラーゲンをうまく利用して、女性の美をアップさせましょう^^

<BESANEE(ベサニー)公式>
おしゃれで素敵な毎日をforBESANEE