臭いも黄ばみも解決!脇の「ニオイ」と「汗」対策、冬こそ注意が必要!

臭いも黄ばみも解決!脇の「ニオイ」と「汗」対策、冬こそ注意が必要!

夏よりも臭う!?冬の脇汗はしっかりとしたケアが必要

夏場はケアが欠かせない、脇のニオイや汗。しかし、冬も重ね着や暖房などの影響で気付かないうちに汗をかき、夏よりもニオイを放っている可能性があります。

そこで2つの実験室を夏と冬それぞれの温湿度に設定して、夏および冬の服装で軽い運動(踏み台昇降)を行い、脇部分の温湿度を測定しました。その結果、冬の条件の方が脇部分の温度、湿度ともに夏の条件よりも高いことがわかりました。

冬は衣類をしっかり着込んでいるため、夏よりもかいた汗が蒸発しにくく、そのため、ニオイも出やすい環境であると考えられます。

<夏および冬の条件での脇の温湿度の変化>脇の黄ばみわきの匂いつまり、脇のニオイや汗は、冬こそしっかりとしたケアが必要なのです。

冬も油断は禁物!脇のニオイや汗をブロックするおすすめの対策

では、脇のニオイや汗にはどのようなケアが効果的なのでしょうか。

ひんやりしにくい「ロールオンタイプ」の制汗剤を使う

寒い季節の脇のケアには、ひんやりしにくい「ロールオンタイプ」の制汗剤、デオドラント剤がおすすめです。皮膚にしっかりと密着して、ニオイや汗をおさえてくれます。携帯しやすいサイズのものなら、外出先で気になる時にもケアができます。

また、重ね着や暖房、通勤中の満員電車のこもった空気などで、脇のベタつきが気になる時は、汗拭き用シートであらかじめ汗を拭き取ってから、ロールオンを使うとさっぱりと気持ち良くケアができます。
ロールオンの上手な使い方はこちらのページを参考にしてください。

夏よりも脇がムレやすい冬。寒いからといって油断しがちですが、しっかりケアしましょう。

いかがでしたか?

冬は汗をかかないと思われがちですが、夏以上にベトベトの汗をかいています。

服装の調節で汗をかきにくくすること、かく汗をきれいにすること、雑菌を抑える事で冬の汗の匂いは抑えることができます。

ひとこと
冬は電車や商業施設など、汗スポットが多いものです。夏のように汗も乾かないので、ニオイが気になると1日中ニオイがするのが冬の臭いの厄介なところです。突然の汗に慌てないで済むように、冬こそニオイケアを心がけてみましょう( ..)φメモメモ