出来立てアツアツの「HIGASHIYA MAN」の絶品和菓子たち。

出来立てアツアツの「HIGASHIYA MAN」の絶品和菓子たち。

できたてあつあつのお饅頭が楽しめる「HIGASHIYA man」

HIGASHIYA饅頭2大きな暖簾とロゴマークが印象的なのが、南青山にある「HIGASHIYA man」。こちらはお饅頭屋さんです。HIGASHIYAman新しくもどこか懐かしさを感じさせる佇まいで、2007年、東京・南青山にオープンしたHIGASHIYAの饅頭屋。4坪ほどのちいさな店内には、季節の生菓子をはじめ、かりんとうや豆菓子、カステラなど、表情豊かな手みやげ菓子が並びます。カラフルな饅頭また、店頭の小窓では、毎日蒸したてのお饅頭を販売しています。HIGASHIYAの饅頭ご紹介したお菓子だけではなく、店頭で蒸したてのお饅頭を購入することができます。ソーダ饅頭こちらは一番サイズが大きいソーダ饅頭。お饅頭には「ソーダ饅頭」「甘酒饅頭」「黒糖饅頭」の3種類があり、ここでしか食べられません。あつあつのお饅頭をぜひお試しください。アイス最中夏季限定で販売されるのが「アイス最中」。近くにショッピングに行ったときはもちろん、わざわざ足を運んででも食べて頂きたい一品です。HIGASHIYAの饅頭1お友達や同僚、会社の上司のお宅などへ招待されたときにセンス溢れる「手土産」を持って行きたいと思うけど、いつも悩んだ末にデパートで間違いない一品を選んでしまっていませんか?そんな方にご紹介したいのが「HIGASHIYA」の美しい和菓子たちです。

HIGASHIYAで大人気のひと口果子

ひと口果子古代の菓子は果実や木の実だったと言われています。干した果実や木の実を菓子として食したのが始まりです。HIGASHIYAの「ひと口果子」は一見現代的な菓子でありながらも、果実や木の実など古代の菓子に想いを馳せてつくったものです。日本の伝統色の名前がついた彩とりどりのひと口果子は、それぞれ違った味をお愉しみいただけます。HIGASHIYAの羊かん製法にもこだわりと工夫を凝らし、職人の手によってひとつひとつ丁寧にお作りしています。風味豊かな味わいは、日本茶はもちろんのこと、洋菓子のようにお酒にもよく合います。HIGASHIYAのカラフル饅頭包装にも素敵なこだわりを見せてくれます。シンプルの中にもどこか懐かしさと温もりがある。そんな感じがします。東京・南青山の一角に佇むヒガシヤのまんじゅう屋さんは、「ひと口果子」や最中、カステラなど、さまざまな手みやげ菓子を取り揃えられています。

<HIGASHIYA man>
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-14 Google Map
Tel 03-5414-3881
営業時間 11:00~19:00 無休

ひとこと
四季の変化を愉しむ和菓子は、味だけでなく、目でもその世界を愉しませてくれること間違いなしです^^