RYO’S FARM(リョウズファーム)の無添加・無着色「国産リリコイバター」

RYO’S FARM(リョウズファーム)の無添加・無着色「国産リリコイバター」

無添加・無着色の「国産リリコイバター」

リリコイバターさわやかな酸味がやみつきになる果物、パッションフルーツ。南米ブラジル原産で、日本では沖縄を中心に栽培されているのですが、実は千葉県の南房総に、このパッションフルーツを育てる農園があります。
それが〈RYO’S FARM(リョウズファーム)〉。千葉房総半島の南端、海に囲まれた館山市で、
使われなくなってしまったビニールハウスを再利用し、400坪のビニールハウスに約200本のパッションフルーツが植えられています。パッションフルーツこちらがパッションフルーツ。リョウズファームの農園↑リョウズファームの農園です。そんなリョウズファームから、農園で採れたパッションフルーツを使った、〈リリコイバター〉が登場しました。リリコイとは、ハワイ語でパッションフルーツのこと。ハワイでは朝食にかかせない食材として人気で、パンに塗ったりヨーグルトにかけると、濃厚でとても美味しいのです。リリコイバター1リョウズファームのリリコイバターは、パッションフルーツを贅沢にもまるごと1個使用。厳選した国産のバター、卵、砂糖とじっくり煮込み、プレミアムなバタージャムに仕上げました。種ごと入っているので、プチプチとした食感が楽しめるとともに、種に含まれる美容成分もしっかり摂取することができます。無添加・無着色で国産の素材にこだわり、日本人の味覚に合うように試行錯誤を重ねたのだそう。パンやヨーグルトにのせて食べると、さわやかなパッションフルーツの香りと濃厚な甘みが口に広がりますよ。リョウズファーム↑収穫したパッションフルーツと園主。リョウズファームは、園主の梁寛樹さんが、後継者不足や耕作放棄地など、日本の農業が抱える問題を解決するために、2012年に立ち上げた農園。生産して市場出荷するという従来の農業ではなく、インターネットでの自社販売やマルシェ出店など、新しい農業のスタイルを模索しているのだそう。〈リリコイバター〉やパッションフルーツは通信販売で購入が可能です。

女性にうれしい美容フルーツ

美容夏と冬、年に二度収穫を迎えるパッションフルーツ。ルビー色に染まった果実をふたつに割ると、部屋中が南国の香りが広がります。種と果肉をスプーンですくい口に入れると、さわやかな酸味がやみつきになること間違いなし。近年、パッションフルーツの美容成分に注目が集まっておりアンチエイジング効果のあるピセアタンノールや、ホルモンバランスを整えるビタミンB6、そして女性の必須ビタミンと呼ばれる葉酸が豊富に含まれています。

リリコイバターってなに?

リリコイバターとは?リリコイバターは簡単にいうとハワイ名物のジャムのようなもの。パンやベーグル、クラッカーやパンケーキなどに塗って食べることができます。ただ、ジャムと聞くとフルーティーな風味をイメージされるかもしれませんが、「リリコイバター」はリリコイとバターと砂糖を煮詰めてトロトロのハチミツのような食感がします。ちなにみ、リリコイというのはハワイ語でパッションフルーツのこと。ですのでリリコイバターは、パッションフルーツとバターと砂糖を煮詰めて作られたあま~い「スプレッド」なのです。

食べ方

食べ方一般的には、パンやベーグル、クラッカーやパンケーキなどに塗られたり、アイスやヨーグルトなどにトロリとかけて風味付けの役にたったりしていますが、リリコイバター通の方などは、炒め料理をする時に調理油のように使ったり、焼き菓子を焼く時のバター代わりに使ったりと、用途は様々なようです。

<RYO’S FARM公式>
URL:http://ryosfarm.com/

ひとこと
トロピカルな味わいは、アイスクリームやパンケーキ、ヨーグルトと好相性です^^気になった方は是非!(*^。^*)♪