塗るマシュマロ「フラフ(fluff)」アメリカで年間1200万個も売れる人気商品!

塗るマシュマロ「フラフ(fluff)」アメリカで年間1200万個も売れる人気商品!

アメリカで年間1200万個も売れるフラフ(fluff)って?

フラフアメリカでは定番のマシュマロクリーム「フラフ」(Fluff)ですが、日本でも最近話題沸騰中なんです。ふわとろのマシュマロクリームはパンに塗ってもおいしいし、コーヒーなどの飲み物に入れても◎。どんなものか、またアレンジレシピなどもご紹介しますクリーム状のマシュマロ「フラフ」(Fluff)、英語でふわふわのことを「fluffy」と言いますので、そこから恐らくネーミングは来ているのではないかと思いますが、そのふわとろの食感に日本でもハマる人が急増中!。

塗るマシュマロの名前は「フラフ(fluff)」

フラフの塗るマシュマロ「塗るマシュマロ」を発見したのは、輸入食品の店「カルディ コーヒーファーム」に立ち寄った時のこと。カルディと言えば、全国各地に合計300店舗を構える輸入食品店の王者。いわば、キングオブ輸入食品なんです。

あれこれ手軽に使えちゃいますよ!

パンに塗って焼くこのようにフラフをパンに塗ってトーストするのが絶品なんだとか!簡単でおいしいのでおすすめです。朝食にもぴったりですね☆コーヒーもちろんサンドイッチの具として入れるのもありだし、クッキーをディップしてもGOOD☆上の写真のようにコーヒーなどの飲み物に入れてもイケるみたい。マシュマロもちろんサンドイッチの具として入れるのもありだし、クッキーをディップしてもGOOD☆上の写真のようにコーヒーなどの飲み物に入れてもイケるみたいです。

塗るマシュマロ『フラフ(fluff)』は焼くと劇的にウマくなる

塗るマシュマロ肌寒くなると、あったかくて甘いものが恋しくなるのは万国共通。実は「チョコレート」も、温かいミルクやお湯にカカオパウダーと砂糖を混ぜて飲む「ホット・チョコレート」が先で、固形のものは後から作られたのだそうです。今回は寒い季節にもピッタリの「塗るマシュマロ」。パンに塗って焼くも良し、ココアやカフェオレに入れて溶かすも良しの、甘いもの好きにはたまらないアイテムです!パンに塗るこの塗るマシュマロ「フラフ」はカルディ以外の輸入食品店や、ネットショッピング等でも購入出来る。甘いものが好きな方は手に入れて、自分なりの楽しみ方を探してみるのもいいかもしれません。

普通のマシュマロとほぼ同じカロリー

バニラ味・イチゴ味フラフのフレーバーは「バニラ」と「ストロベリー」の2種類。原産国はアメリカ。両方とも213グラム入りで、100グラムあたり330キロカロリーと書いてある。調べてみると、グラムあたりのカロリーは普通のマシュマロとほぼ同じです。バニラの香りさっそくバニラの蓋を開けてみると、マシュマロと言うよりもアイスクリームのような強烈なバニラの香りです。

ひとこと
この塗るマシュマロ「フラフ」は、カルディ以外の輸入食品店や、ネットショッピング等でも 購入出来ます。甘いものが好きな方は手に入れて、自分なりの楽しみ方を探してみるのもいいかもしれません^^保存料・増粘剤・着色料などは使用していないそうです。マシュマロクリームの食べ方をまとめてみました。塗る・混ぜる・焼く・浮かべる・・・いろいろ使えます♡あなたのお気に入りの食べ方は見つけましょう!