温もりを演出「アルテレニョ・オリーブ木」のカッティングボードがお洒落!

温もりを演出「アルテレニョ・オリーブ木」のカッティングボードがお洒落!

強固で傷がつきにくい材質で天然素材ならではの風合い

オリーブの木のまな板気楽な持ち寄りホームパーティーなどで活躍するのが、平たくて大きめサイズのプレート。どんなお料理を盛り付けてもそれなりに収まるし絵になる。だけど、チーズやパンには陶器やガラス器では今ひとつピンと来ない……と思っていたら、こんなカッティングボードに出会って一目ぼれ!今回は、そんな大活躍してくれる、オリーブのカッティングボードをご紹介させて頂きます。

「アルテレニョ」のオリーブの木カッティングボード

オリーブの説明イタリアはArte Legno社のカッティングボードはオリーブの木から作られているハンドメイド。しかも樹齢200~300年の厳選されたものだけが使われ、何年も使うごとに味わいが増していくので、その色合い・風合いの変化も楽しめます。また、木目は虜になる美しさを持ち合せています。チーズやパン、サラミや生ハム、オリーブなどをざっくり盛り合わせてカッティングボードに置くだけで様になるという点と、材質が硬いので、ナイフの傷もつきにくいのも頼もしいのも、特徴です。オリーブの木例えば、スクランブルエッグ、ソーセージ、バゲット、ピクルスなどを盛り合わせて、余白に珈琲カップを置く、お洒落なブランチではじまる素敵な日曜日を楽しむのに、カップルのお宅などでは、2枚買って銘々一枚ずつというのはどうだろうか。そんな日のお供にぜひ、こちらのカッティングボードを。器ながらも、しっかりと華を添える存在になると思います。自然にノビノビ育てられたオリーブウッドの表情は個性豊かで、天然素材ならではの1点 1点違った風合いが楽しめます。オリーブウッドの個性的な存在感はテーブルを華やかに演出してくれます。オリーブのオイル時々オイルをなじませてメンテナンス。手間をかけて永く使っていくモノなので使うたびに愛着が湧きます。 木目に生じる亀裂やひび割れ、削り目がゴツゴツと残っている姿は、 人の手のぬくもりが伝わってきます。 なので使って少々傷がついても気にならないのも良い。使うたびに「自分の道具」感が育ってきて永く使い込みたくなります。カッティングボード・グランデイタリアArte Legno(アルテレニョ)社のオリーブウッド商品は、ウンブリア州産の厳選された高品質のオリーブのみを使用し、その鮮やかな木目とシャープなエッジが魅力です。その材質は非常に強硬で、ナイフなどの傷もつきにくく、何年も使うことによって味わいが増していきます。全て色味、木目、サイズや形は異なります。天然素材ならではの風合いをお楽しみください。

<Arte Legno社のカッティングボード>
http://www.sempre.jp/item/105209/

ひとこと
木目が美しい、キッチンに映えるオリーブウッドのカッティングボードは、インテリアとしてもとってもお洒落です^^パーティや家飲み、女子飲みなど、様々な場所で活躍してくれるので、気になった方は是非!!