日本の洋食器「東屋」猿山修のホワイト洋食器

日本の洋食器「東屋」猿山修のホワイト洋食器

まっすぐに作られた日本の洋食器

猿山修の陶器東京元麻布にて、古陶磁などを扱う古道具店「さる山」を主宰をする猿山修氏がデザインし、石川県小松市在住の陶工、岡田直人氏が製造を手がけた猿山修の洋食器。猿山修氏「日本の洋食器を」を意図してデザインされたこの食器は、ひとつひとつ、ろくろで手挽きして作られています。側面から見ると「手どり感」を意識した独特なフォルムを有していることがわかります。十分な深さがあり直線的なラインがモダンな印象のボウル1は4つのサイズが用意され、サラダ、煮物、スープ用のボウル、そして麺類や丼物用の器としてまで幅広い対応が可能です。洋食器・猿山猿山修の洋食器は触感、形、重さにおいて「手どり感」が重要視されており、器を手にして食事をする日本人独自の感覚にしっくりと馴染みます。和食洋食が混在する食卓において親しみと使いやすさを両立した類稀な器といえます。食事の量の異なる大人と子供で違和感なくサイズを使い分けることもできます。猿山触感、形、重さにおいて「手どり感」が重要視されており、器を手にして食事をする日本人独自の感覚にしっくりと馴染みます。

人の手が量産する器

ヨーロッパの食器は、陶器から磁器へと移り変る過程で、よりシャープに、より薄く、より均一なものに良さを求めながら発展しました。そのため、現在ほとんどの洋食器が、均質に仕上がる型を使って生産されています。猿山修の洋食器は日本での洋食器の形・存在を考え、ヨーロッパとは違った陶器の発展方法でモダン化し製作されました。陶器では難しい磁器のような金属的なアウトラインを意識する一方、職人の手癖やちょっとした歪み、釉薬の揺らぎなど日本人の好む部分が無作為に残されています。この趣は底部分に施された刻印ひとつをとってみても感じとることができます。東山・洋食器男性の手と比較するとこのくらい。サイズが揃うときれいにスタッキングできます。

ツメ焼き

普通、皿底面部分には釉薬がのっていないことが多いのですが、意匠的に底面にも釉薬をのせることがあります。その場合“ツメ焼き”という手法が使われます。焼成で釉薬はガラス質に変化しほぼ液状になり、ツメ焼きをしないと窯内で土台の板に貼り付いてしまうため、釉掛けした器の底面に米粒のような丸めた粘土を付け、土台板に置き窯へ入れます。その後焼成し窯から出した後、底にくっついた丸い粘土を削り取ります。器の底にはツメ跡(め跡)として残り、裏面もひと手間加えたこだわりの表情を見せてくれます。爪焼き焼成前、このように米粒のような丸めた粘土(ツメ)を底面に付けます。(写真は珈琲カップ)

ご購入の前にご確認ください

HIGASHIYAの陶器上の写真のような特徴が現れるます。左:同じ器であっても仕上げのエッジの角度などが異なり若干印象が異なって見える場合があります。プレート類は同じサイズを積み重ねるとその差が顕著に現れます。(写真は珈琲ソーサー) 右:器を直接手で持って釉薬をかけるため余分な釉薬を流した時に出来た跡や手で持っていた跡が残ります。(ボウル・カップ類は側面に、プレート類は裏面に現れます。)

ひとこと
ひとつひとつ、ろくろで手挽きして作られた東屋の洋食器はいかがですか?