英国ヴィンテージのHornsea Bronte(ホーンジー ブロンテ)スパイスジャーがお洒落

英国ヴィンテージのHornsea Bronte(ホーンジー ブロンテ)スパイスジャーがお洒落

デスク周りでも活躍するホーンジー社のスパイスジャー

スパイスポットHornsea(ホーンジー)社のHeirloom(ヘアルーム)のレイクランドグリーンから、卓上に置いて印鑑やボールペンなど、○○スタンドとして使っても可愛いスパイスジャーです。蓋を外せば高さは6センチ弱ですので、引き出しにも入るのではないでしょうか。机がごちゃごちゃになっている人、ホーンジーを使って楽しく整理整頓してみませんか。ホーンジー社両方とも1975年製のヘアルーム・スパイスジャーです。状態に差はなく、カケ、チップ、貫入もなければ、蓋の閉まり具合もいいグッドコンディションです。ヴィンテージ2つの違いと言えば、蓋の穴の数ぐらいでしょうか。このヘアルームのスパイスジャーを買われる際は、お好みの数のものをお選びください。イギリス・ヴィンテージ1967年にホーンジー社のジョン・クラッピソンが手掛けた「家宝」に由来するヘアルーム。ソルト入れにしてパッパッと振ってもいいですし、花器などいろんな使い方をしてみてください^^

ひとこと
イギリスヴィンテージの定番HORNSEAブロンテシリーズのスパイスジャーは、コレクターが多いことでも有名です☆気になられた方は是非!(*^。^*)