和紙専門店WACCA JAPANがショールームスペースを東京にオープン!

和紙専門店WACCA JAPANがショールームスペースを東京にオープン!

専門店WACCA JAPANが東京にオープン!

和紙専門店WACCA JAPAN現代ライフスタイルの和紙専門店WACCA JAPANは、オフィス内に完全アポイント制のショールームスペースをオープンさせた。和紙専門店来場の際には事前連絡が必要。WACCAオリジナルの和紙製品や、各産地の和紙サンプルを、実際に手に取って見ることができる。このスペースを活用して、2016年2月26日(金)より毎週金曜にオープンショップもスタート。営業時間は毎週金曜11:00〜18:00で、こちらは予約なしに誰でも来店することができる。WACCA JAPAN56種の和紙が綴じられた見本帳のような和紙のアートブック。和紙一枚ずつの解説書も、和紙についての説明もいっさいありません。産地やブランド、原料、価格、手漉き・機械漉きといった製造方法にもとらわれることなく、「和紙」という素材に、ダイレクトに触れていただけるアートブックです。WACCA JAPANWACCA JAPANでは、日本全国の多種多様な和紙を取り扱っている。要望に合わせた和紙のコーディネート、デザイン / 印刷 / 加工の提案や相談なども可能。オリジナル和紙の制作のサポートも行っている。

和紙について。

和紙について和紙は主に楮、三椏、雁皮の靭皮(木の皮の内側の繊維)を原料としています。木材パルプを含むものもあります。 その他には麻、竹、綿などを使用したものもあります。漉き方には大きく分けて「流し漉き」と「溜め漉き」があり、手漉き製品と機械漉き製品があります。原料を煮て柔らかくし、砕解して繊維をばらし、トロロアオイなどのネリと水と一緒に漉き舟に入れ、紙を漉きます。漉いた紙は重ね、まとめて水分を圧搾し、板に貼付け乾燥させるのが主な製作方法です。

和紙の取り扱い産地は、福井県(越前)/ 岐阜県(美濃)/ 高知県(土佐)/ 徳島県(阿波)/ 鳥取県(因州)/ 島根県(出雲)/ 島根県(石州)/ 埼玉県(小川・東秩父)など。これまで主にオンラインショップとして人気を博してきたWACCA JAPANだが、オープンショップではオンラインショップには掲載されていない限定品や、アウトレット品も用意されている。ショップでの支払いは現金のみ。

<和紙専門店WACCA JAPAN>
■期間:
2016年2月26日(金)~
※オープンショップは毎週金曜11:00〜18:00

■開催場所:
WACCA JAPAN,Ltd.
東京都品川区戸越1-26-24

■問い合わせ先:
株式会社WACCA JAPAN
公式url:http://www.wacca-paper.jp

ひとこと
リアルショップで実際に和紙サンプルを手に取って見ることが可能。オンラインショップへの未掲載品なども用意されています^^