助かる!役所に申請すれば「もらえるお金」「戻ってくるお金」申請手続きの方法と支給金額!

助かる!役所に申請すれば「もらえるお金」「戻ってくるお金」申請手続きの方法と支給金額!

役所に申請すれば「もらえるお金」「戻ってくるお金」

戻ってくるお金役所はあえて教えないけど、税金を取り戻すチャンスはたくさんあります。少しでもお金が戻ってこれば生活も少しは楽になりますよね?あまり知られていない申請すれば「もらえるお金」と「戻ってくるお金」について詳しくご紹介させて頂きます。

妊娠・出産にかかった費用

妊娠・出産費用妊娠・出産費用は健康保険がきかず、家計に大きな負担がかかります。そこで頼りになるのが「出産育児一時金」。健康保険の加入者もしくは被扶養者が出産すると42万円が支給されます。申請手続きの方法などを確認しておきましょう。健康保険に加入、または被扶養者になっていて、妊娠4カ月以上で出産した人は、子ども1人につき42万円が受け取れます。ただし、「産科医療補償制度」の対象にならない出産の場合は40.4万円(平成27年1月以降の出産分。平成26年12月31日以前の出産分は39万円)になります。また、双子なら2倍の84万円です。双子の場合は、出産育児一時金の請求用紙の証明欄に、担当医から多胎であることを記入してもらうことを忘れずに! 子供の人数分の用紙が必要なこともあります。

相続・家の修理や処分にかかった費用

申請すればお金2016年度の税制改正要望で同省は、「相続後、一定期間以内に相続した住宅(’81年以前に建築)の耐震改修・除却(=解体)を行った場合、標準的な費用の10%(最大250万円×10%=25万円)を所得税から控除する」という税制措置を盛り込んだ。
【簡単に言いますと】空き家になりそうな住宅を改修、または処分したことを申告すると費用の一部が、所得税から控除されお金が戻ってくる仕組みです。成立すれば早ければ来年度中には、実際に控除が始まります。申請されないともらえません。リフォームで省エネやバリアフリーの基準を満たす工事を行うと、それぞれ標準的な工事費用の10%が所得税から控除されます!

介護を目的としたリフォームの費用

介護保険介護保険からも、介護を目的としたリフォームへの支給があります。手すりの設置、床段差の解消、すべり防止のための床材変更や、和式便器を洋式に交換するなどの項目は、その費用が各20万円までなら、9割(=18万円)が支給されます。

医療

医療市区町村の介護保険窓口で相談、申請するものですが、たとえば国保+介護保険を利用している70~74歳の人がいる一般の世帯の場合、年間56万円以上かかった分は、お金が戻ってきます。この限度額は年金額など収入や、年齢によって変わります。医療費が年間10万円を超えた場合には、自分で確定申告をすると、所得税の控除が受けられるので、1年間の医療費の合計のうち、医療保険などで補された分を除く金額から10万円を引く。この10万円を超えた医療費に、自分の所得税率を掛けた金額が、受けられる控除金額となります。

埋葬料や子供にかかるお金

埋葬費国保や健康保険組合などの健康保険の被保険者(加入者)が死亡した際に、申請すれば葬儀を行った家族が受け取れる「埋葬料」と、被保険者の家族が亡くなったときに受け取れる「家族埋葬料」がある。金額は各5万円です。さらに、親戚や知人が葬儀を行った際には、「埋葬費」として葬儀代、火葬代などの実費に対し、最大5万円までが支払われる。

引越しにかかるお金

引越したとえば、東京・新宿区の場合なら、義務教育終了前の子供がいる世帯を対象に、引っ越し費用最大20万円までが補助されるほか、以前に住んでいた賃貸住宅の家賃よりも、区内の新居の家賃が高い場合、その差額分(最大2・5万円)が補助される。また礼金、仲介手数料の合計で、36万円までのお金がもらえます。

息子や娘がリストラされた際に受けられる控除

リストラ息子や娘がリストラされた際に受けられる控除もある。所得税・住民税の扶養控除です。成人し、一度は扶養から外した子供でも、低収入・無収入の場合は、再び親の扶養家族とすることで、所得税・住民税あわせれば10万円程度の還付が受けられることもあります。

戻ってくるお金戻ってくるお金戻ってくるお金戻ってくるお金

ひとこと
知らなきゃ損!!!の事ばかりでした><少しでも払った税金やもらえるお金があると助かりますね^^