意外と寝てる?世界レベルの成功者「驚くべき睡眠時間」1日6~8時間

意外と寝てる?世界レベルの成功者「驚くべき睡眠時間」1日6~8時間

成功者の驚くべき睡眠時間

世の中のいわゆる成功者の睡眠時間はどのようなものなのだろうか。成功した人の多くが1日6~8時間の睡眠をとっていることが判明しています。睡眠時間を検証今回紹介する、成功者たちの睡眠時間を比較したインフォグラフィックは、アメリカの寝具メーカーが独自に製作したもので、起業家、政治家、発明家、世界に名を馳せた人物たちの睡眠時間です。とても個性的なので、今回ご紹介させて頂きます。

成功者たちの「睡眠時間」を比較した結果

成功者の睡眠時間向かって右から、マリッサ・メイヤー。Yahoo!のCEOを務める彼女の睡眠時間は、驚くほどに短い。「The Guardian」が伝えるところによると、彼女は一日に4〜6時間の睡眠しか必要とせず、1週間程度のバケーションを4ヶ月に一度取ることで、リフレッシュ期間を設けているらしい。次は、バラク・オバマ。「CBS」が紹介したオバマ大統領に関する記事によると、睡眠は、1時就寝、7時起床の6時間睡眠だという。激務の際は当然ながら就寝時間も後ろ倒しに。それでも、起床時間だけは7時と決めているんだとか。一番左の、ビル・ゲイツ。Microsoft創業者で、現在では「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の共同会長を務めている。スタートアップの現役時代は、友人たちから”スリープレス(不眠)“と揶揄されるほど、開発に時間をかけていたそうだが、現在では7時間のリズムだそう。ティム・クック↑こちらは、ティム・クック。AppleのCEOは、一日7時間睡眠。しかも、今回登場するどの成功者よりも早くベッドに入っていることが判明。毎朝4時半に起床し、部下への支持をメールで送り、それからジムで体を動かすことが習慣らしいです。アリアナ・ハフィントン次は、アリアナ・ハフィントン。リベラル系ニュースサイト「Huffington Post」の創設者。「睡眠時間の少なさなんて、なんの自慢にもならない」と、“忙しい自慢”ばかりの男性たちを一蹴。睡眠こそが成功の鍵と、TEDトークで持論を展開するなど、睡眠時間へのこだわりも人一倍強い。ジャック・ドーシー次の紹介するのは、有名なジャック・ドーシー。エヴァン・ウイリアムズらと共に「Twitter」を創業。現在は、共同創設者兼会長を務めている。自分のパターンを確立させるため、日々のチェックリストを作成する彼。その内のひとつが、“7時間睡眠”だ。ベンジャミン・フランクリンつぎは、ベンジャミン・フランクリン。18世紀アメリカの政治家であり物理学者。思考、仕事、食事、反省と一日を大まかに4つの時間に分け、規則正しいリズムを重んじていたようだ。天才イーロン・マスクつぎは、天才イーロン・マスク。テスラモーターズの会長兼CEO。“天才起業家”とも称えらえる彼は、寝る6時間前からカフェインを摂らないと決めているという。超多忙なビジネスマンだが、睡眠時間はきちんととることを欠かさないようだ。

天才・成功者たちの睡眠結果

まず睡眠時間ですが、50%以上の人が6時間から8時間、睡眠をとっていることが分かります。睡眠時間就寝時間では60%以上が、日付が変わる前に眠りについていることがわかります。起床時間起床時間は、午前5時が最も多く、次いで午前7時という結果になっています。成功者が起きる時間ウィンストン・チャーチル元首相やトーマス・エジソンらは5時間睡眠だが、コメディアンやプロデューサーとして活躍するエレン・デジェネレスなど8時間寝ている人もかなりいるのです。ビル・ゲイツ氏や投資家のウォーレン・バフェット氏、そしてAmazonの創始者ジェフ・ベゾス氏などは、ジェフ・ベゾス毎晩7時間から9時間のごく平均的な睡眠をとっているようですが、普通の人にはとても不可能と思えるような、変わった睡眠スケジュールの人もいるようです。極端に少ない睡眠時間は、確かに有名な成功者の偉業に寄与したと言えるかもしれませんが、心身ともに健康であるために必要な睡眠時間は、人それぞれ違います。発明家のニコラ・テスラが2時間睡眠だったからと言って、誰にとっても彼の睡眠習慣をまねることが理想的なわけでも、可能なわけでもありません。

最適な睡眠時間は定義されていない

成功者の睡眠時間実は、最適な睡眠時間というのは、学者の間でも意見が分かれる部分である。今のところ、主流を占める8時間派と、そんなに必要なくて6時間派の2つが争っているようです。昔は、三当四落(受験勉強において3時間睡眠だと合格し、4時間睡眠だと落ちるという言い伝え)という言葉があったくらいで、睡眠時間を削ることは美徳と思われていた部分があるそうです。

ひとこと
睡眠のタイプを崩してしまうやり方は、体の不調を招く可能性が高いです。そして短眠の失敗にも繋がるとのことなので、十分注意しながら睡眠を調整されてみて下さい(*^-^*)!