女子あるある? コテで首筋・顔まわりを火傷したときの対処方・ケア方法

女子あるある? コテで首筋・顔まわりを火傷したときの対処方・ケア方法

コテで首筋・顔まわりを火傷したときの対処方・ケア方法

コテ・火傷髪を巻いたり、伸ばしたり、美しいヘアスタイルを作り上げるのに女子は欠かせないコテやヘアアイロン。気をつけてはいても、高温であるため、忙しい朝などついつい首もとや顔に当ててしまい、「熱いっ!」と飛び上がってしまったことはないでしょうか?熱いコテやヘアアイロンを使う女子によく起こる首もとや顔まわりのやけど。お洒落は我慢…とはいうものの、やけどのあとが残ったりしては元も子もありません。やけどに対してはどのような対処をすればよいのでしょうか? 今回はヘアアイロンやコテでやけどしてしまった時の処置などについて、ご紹介させて頂きます♪

やけどは最初の処置が重要!まずは患部を冷やすこと

火傷は冷やすヘアアイロンやコテは、100℃以上で使うことが多く、200℃近くで使用することもあります。そのため、少し肌に触れただけでもやけどが起こりやすいといえます。 また、髪に使うため、どうしても首もとや顔まわりの近くで使用することになり、肌にも触れてしまいやすく、首や顔まわりのやけどが起きやすいです。 やけどは、初期の処置がとても大切です。「あつい! 」と一瞬でも感じたら、傷を確認し、しっかりと冷やしましょう。できれば流水で冷やし続けると良いです。難しいときには水道水で優しく洗い、流水やきれいな濡れタオルや、タオルに包んだ保冷剤で患部を冷やします。

やけどに消毒はいらない!

対処法やけどをしたら消毒するものと思われている方もいるのですが、やけどの傷を消毒すると、皮膚を再生しようとしている細胞もやっつけてしまうことがあります。消毒をすることによってやけどの傷跡を残してしまうことがあるので、やけどの跡を残さないようにするためには消毒をしないことが大切です。また、やけどの傷は乾燥してしまうと、皮膚を再生するための細胞がうまく働けなくなり、しっかりと皮膚が再生されないままになってしまいます。そうすると傷が治るのが遅くなったり、やけどの跡も残ってしまいやすいので、傷が乾かないようにワセリンをたっぷり塗っておきましょう。

ひとこと
顔まわりだとどうしても気になって化粧品などで隠すことを考えられる方もいると思いますが、含有物などに反応したり、菌が入って炎症を起こしやすくなるため、受傷後しばらくは傷口への化粧品は避け、保湿剤と保護剤を使い、どうしても気になる場合は、その上からコンシーラーなどでカバーされるのが安心です。 また、早めにやけどの跡を残さず綺麗になおすには、規則正しい食生活、睡眠も大切です。日頃から気をつけて、きれいに治したいですね^^☆