米国MASTER & DYNAMICのイヤホン「ME05」はまるできらめく真鍮ボディのイヤホン

米国MASTER & DYNAMICのイヤホン「ME05」はまるできらめく真鍮ボディのイヤホン

まるで金管楽器のような美しさ!

イヤフォンアユートから本日発売された米国MASTER & DYNAMICのイヤホン「ME05」は、管楽器などにも使われる真鍮素材を本体に使用した、メタリックな輝きが美しいカナル型イヤホンです。直販価格は2万7700円となっています。
a0007この真鍮素材は、強度に加え、優れた音響特性を有しており、音質に悪影響を与える共振を抑制してクリアな音質を実現します。こちらのME05はハウジングの素材に真鍮を使っているため、共振をある程度抑える効果があります。ドライバー部分には、8mm径チタンコート・ネオジウムドライバーを搭載していてクリアーでいてかつ迫力のあるサウンドが再現されます。

優雅な曲線を描くボディは、高精度の切削加工に加え、職人の手によるレーザー・エッチングと鏡面加工が施されたもの。金管楽器のような美しさで、大人の耳元を飾るにふさわしいエレガントな雰囲気を漂わせています。

しっかりと主張するタイトな低域が魅力

本体を手にすると、小ぶりな筐体にもかかわらずしっかりとした重量感があり、金属ならではのヒンヤリとした触感とあいまって、高級感を感じられます。イヤホン10時間ほどエイジングをしたあと、ハイレゾ楽曲を中心に試聴をしてみました。まず特徴的なのは、しっかりと主張する低域です。

ドライバーユニットは、一般的なイヤホンよりもやや小さな8mm径振動板を採用していますが、チタンコートを施したことでキレのあるサウンドを実現しています。

真鍮製のボディがブレや歪みを抑え、ボリュームある低域も極めてタイトに鳴り、ボワつきを感じさせません。ロックやダンスミュージックなど低音の強調された曲を聴くと、重低音の迫力にほかの音が埋もれず、メリハリのある音質を楽しめます。

また、アルミ材などの金属ボディを採用したイヤホンでは、高域が刺さり気味に聴こえることがあるのですが、ME05は真鍮材を使ったことで高域に丸みが出て、耳あたりの良いサウンドになっています。

ジャンルを選ばない音質ですが、ロックやジャズ、EDMなど勢いのある音楽と特に相性が良さそうだと感じました。

音質音質的には、まず耳に届くのがずっしりと出ている上質な低音です。
低域のなかでもチューバなどの低音を担当する金管楽器が得意のように思えます。
低域ならではの振動(のようなもの)がとても感じやすいイヤホンだと思います。あまりのリアリティに驚きました。

高域は刺さらず気持ちよく伸びます。解像度も高めで雑にならず丁寧な印象を受けます。
電子音よりも生楽器の演奏のほうが得意なイヤホンだと思います。
全体的に温かみのあるサウンドとなっていてずっと聴いていたくなる、
聴き心地のよい製品になっていますね。

イヤーピースは4サイズ入っていて個人的にベストポジションは耳の奥まで入れ込むよりも、
穴の入り口で全て塞いでしまうぐらいが丁度よかったです。
デザイン的にも奥まで入れようとするとハウジングが耳に当たったりしますし、
入り口で止めることによって広大なサウンドステージが生まれます。美しい↑ケーブル部にはリモコンを備える。別途マイクも装備し、通話に利用可能。イヤホン1↑パッケージ一式。ワイヤレス↑レザーキャリーケースはイヤホンを収納できるほか、イヤーピースやアコースティックフィルターも収められる。

<Master&Dynamic ME05 BRASS【ME05-BR】【真鍮製ハウジング】>
価格 24,980円(税込)

<SPEC>
形式:ダイナミック型
インピーダンス:16Ω
ケーブル長:1.2m
プラグ:ストレート型4極ステレオミニ
付属品:シリコンイヤーチップ(XL/L/M/S/XS)、アコースティックフィルター、ケーブルクリップ、ポリッシュクロス、専用キャンパスケース、レザーキャリーケース

ひとこと
店頭で見かけたら、ぜひ試聴して音質をチェックしてみて下さい^^♪