イギリスのシーモア・ストリートにある「Zetter Townhouse(ゼッター・タウンハウス)」ホテルが素敵♪

イギリスのシーモア・ストリートにある「Zetter Townhouse(ゼッター・タウンハウス)」ホテルが素敵♪

全部屋インテリアが異なる遊びいっぱいのホテル

ゼッターホテルロンドンのオックスフォード・ストリートといえば、いつも多くの買い物客で賑わうショッピング街。そこから歩いてわずか2分のシーモア・ストリートにある「Zetter Townhouse(ゼッター・タウンハウス)」は、まるで個人宅をおとずれているような落ち着いた雰囲気のホテルです。ロンドン、クラーケンウェルの美しい石畳の広場に位置する個性豊かなジョージ王朝様式のタウンハウスを利用したZetter Townhouseは、受賞歴のあるカクテルラウンジを併設し、無料Wi-Fi、無料自転車レンタルを提供しています。シーモア・ストリートファリンドン駅から徒歩6分、聖ポール大聖堂へは徒歩わずか14分です。Zetter Townhouseでは、ユニークな内装の客室13室を提供しています。エアコン、グルメスナックトレイ、無料のミネラルウオーター(ガス入り、ガスなし)、紅茶/コーヒーメーカー、薄型テレビ、ヘアドライヤー、専用バスルーム(REN製品、レインシャワー、バスローブ、スリッパ付)が備わります。床置き式のバスタブ付きのお部屋もあります。インテリアはラッセル・セイジ(Russell Sage)のデザイン。老舗名門ホテル「ザ・サヴォイ」(レストラン「サヴォイ・グリル」改装)や「ザ・ゴーリング」(ロイヤルスイート改装)もクライアントに数える才腕だ。相互に調和するエレメントが組み合わされているわけでなく、個々の不調和なエレメントがいっぱいだが、デザイナーが「インテリアパッチワーク」と言うように、それが逆に全体として大きな調和の雰囲気を醸し出す。「カンガルーの剥製はワイト島の博物館のクリアランスセールで入手した」というように、一つ一つのオブジェクトの背後にもストーリーが潜んでいるのだろう。そう思いながら暖炉の脇に可愛いドレスを着せた剥製のネコを発見し、ちょっとギョッとして、そうしたらなぜかクイーンのボヘミアン・ラプソディーが耳の奥に響いてきた。コンシェルジュ昔の薬局風カウンターのカクテルバーがロンドンでもすごく評判のようで、サドラーズウェルスでダンスを観て真夜中近くに戻ってくると、すごい混雑振りで1席も空きがなく、熱気に圧倒されてしまったのだが、新感覚のカクテルで超著名なミクソロジスト、トニー・コニグリアーロ氏が、このホテルバーのために12種類のオリジナルカクテル(中にはボードレールの『悪の華』も)をクリエートしたとなれば納得するしかない。また地下の「ゲームズ・ルーム」では、定期的に卓球の夕べも開催されるとか。レストランラウンジで頂くコンチネンタルのブレックファスト。パン、ヨーグルト、りんごが入ったレトロなブリキ箱に思わず笑顔になる。

看板もレセプションもない隠れ家のようなホテル

ホテル入口シーモア・ストリートは、オックスフォード・ストリートのすぐ近くにありながら、落ち着いた静かな通り。
このなかで、住所を確認しないと見逃してしまいそうなレンガ造りの建物がゼッター・タウンハウスです。よく見るとドアにホテルの名前が控えめに書かれています。シーモアズ・パーラー収集家のリビングルームのような内装のバー「シーモアズ・パーラー」。なかに入ると、ヴィクトリア時代の収集品があちらこちらに飾られた、リビングルームのようなバー「Seymour’s Parlour(シーモアズ・パーラー)」が広がります。なんとこのホテルは、「世界中を旅する、収集家のシーモアおじさんの家」というコンセプトから、看板もなければ、レセプションもありません。それでも、ドアを開けるとすぐにスタッフが声をかけてくれるので、チェックインもスムーズです。

小さな工夫がいっぱいの客室

スーパー・デラックス「スーパー・デラックス」のお部屋には、なんとベッドルームにバスタブが。
これとは別にシャワールームがある。客室はすべてインテリアの異なる24室(1泊税込み234〜726ポンド)。重厚なアンティーク調の家具を採用しているお部屋、ポップなユニオンジャックをあしらった天蓋付きベッドのあるお部屋など個性派揃いなので、ウェブサイトでチェックしてから、お部屋を指定して予約するのがおすすめです。リアーズ・ロフト8つある客室タイプのなかで、一番お手頃な「クラブ」の一室(1泊税込み234ポンド)
全室、無料の無線インターネット完備、ふかふかのバスローブやスリッパ、お茶のセット、さらに手編みのカバーのついた湯たんぽまで用意されています。バスルームのアメニティは、イギリスの自然派コスメブランド「REN」、ラップトップ・コンピュータがすっぽり入る金庫も室内にあり、安心して快適に滞在することができます。帽子この帽子を外に出すと「部屋の掃除をしてください」のメッセージ。遊び心を感じさせてくれます。

ロンドンの真ん中で露天風呂?

客室のなかでも46平米と一番広く、スペシャルな驚きに満ちているのがリアーズ・ロフトという最上階のお部屋(1泊税込み726ポンド)です。ひとフロアすべてをぜいたくに使ったこの部屋には、屋内のバスルームに加えて、なんとテラスに露天風呂が用意されているのです。広々とした部屋のなかには、ゆったり大きなソファベッドがあり、小さな子どもならふたりまで寝ることができるので、家族連れにも人気の部屋です。ゼッター・タウンハウスは、ちょっと特別なロンドン旅行になりそうな、ひと味違うホテルなのです。ゼッター・タウンハウス広々としたバルコニーに置かれた大きなバスタブ。外から見られないような工夫もなされている。

<Zetter Townhouse Marylebone(ゼッター・タウンハウス・マリルボン)>
住所:イギリス 28-30 Seymour Street, London W1H 7JB TEL+44-20-7324-4577URL
公式HP:http://www.thezettertownhouse.com/

ひとこと