世界のアンティーク蚤の市(海外)一番オススメの買い付け旅行!

世界のアンティーク蚤の市(海外)一番オススメの買い付け旅行!

蚤の市で宝ものを探す

蚤の市海外世界のアンティーク蚤の市をご紹介します♪休みが少しでも取れたら大好きなアンティークを探しに弾丸旅行で蚤の市に行ってみてはいかがですか^^

プロヴァンス リル シュル ラ ソルグ(L’Isle-sur-la-Sorgue)

パリ毎週日曜日に開かれるこの蚤の市。通常営業のアンティークショップだけでもかなりの数なのに、それ以外に青空市のストールもあって結構見応えあります。パリ早く売ってしまいたいのかあっさりディスカウントしてくれるところもあるそうです^^

コペンハーゲンの大アンティークマーケット

コペンハーゲンとにかく広い会場の中には、数えきれない程のストールが並んでいます。アンティーク市食器や雑貨はもちろんのこと、素敵な家具もとっても多いんです!アンティーク家具アンティークの家具もたくさんあります。世界中から集まるマーケットは必須ですよ!ブルーアズールのC&SブルーアズールのC&Sデザートプレート付き。毎回良い商品を置いている店もチェックですね♪

トンゲレンの蚤の市とベルギーデュルビュイ

ベルギーデュルビュイベルギーデュルビュイ。ここには車で行ける蚤の市があります。

ベルギーデュルビュイのアンティーク街

トンゲレンの蚤の市毎週日曜日のみの開催な上に、午前中から1時くらいまでの短時間ときているので、見れるチャンスが限られます。

クリニャンクールの蚤の市

クリニャンクールの蚤の市クリニャンクールの蚤の市。土曜日、日曜日、月曜日開催。それ以外の日には近づかないこと。ここは、場所的にはパリ市ではない。クリニャンクールの蚤の市といわれているが、サン・トゥアン市なのでサントゥアンの蚤の市といわれる。2年に一度、10月の第二週末に大きな蚤の市が開催される。いくつかのゾーンに分かれている。クリニャンクールの蚤の市へのアクセス→クリニャンクールの蚤の市街地、メトロのクリニャンクールから降りて結構歩く。高速を越えるとそこからサントゥアンの蚤の市ゾーンだ。左地図の01番バス停あたりがRosier通りで、その左右が幾つかのマルシェに分かれている。パリの区別地図を本屋さんで購入する場合、このサントゥアン、クリニャンクールの蚤の市の地図がついているものもあるし、入り口からほんの少し入ったmaruche Malaissisでも蚤の市の地図が売っている。

フランス庶民派の蚤の市

パリの蚤の市パリ北部。有名なクリニャンクールの蚤の市。ここは規模がとても大きく、プロフェッショナルなアイテムが多いです。対してヴァンヴ蚤の市。こっちはクリニャンクールに比べれば大分小さい規模ですし、庶民的なスタンドが多いです。私は部屋のデコレーションのアイテムはたいていここで見つかります^^

フランスパリで一番オススメの「ヴァンヴ」の蚤の市

「ヴァンヴ」の蚤の市「ヴァンヴ蚤の市(Marché de Vanves)」は、パリ14区に位置していますが、パリ中心部からのアクセスは良好です。地下鉄下車後も、蚤の市が開催されている通りまでは徒歩2分と抜群のアクセス。地下鉄最寄り駅は13番線「Porte de Vanves」。出口は「bd. Brune」で、地上へ出たら高架下に向かって歩き、一番目の角を左へ曲がれば、すぐに「ヴァンヴ蚤の市」が見えます。12時を過ぎるとポツポツ店じまいを始める店舗もありますので、じっくり見たい人は、10時までには到着するのがベストです。

ひとこと
蚤の市には世界各国からバイヤーやコレクターが押し寄せ、英語がほぼ通じます。反則!と思ってしまうくらい可愛いアイテムがいっぱいですよね。新しい商品のようにいくつも用意がないのが憎いところ。まさに掘り出し物を見つけるのにぴったりの場所です^^