ニューヨーク 「イエロータクシー」の乗り方・チップ支払い・注意点

ニューヨーク 「イエロータクシー」の乗り方・チップ支払い・注意点

ニューヨークのイエロータクシー

イエロータクシーニューヨークの“顔”でもある黄色いタクシー「イエローキャブ」。その安全な乗り方、楽しみ方をご紹介します!観光やビジネスで訪れる人も多いマンハッタンに は、毎日朝から晩までたくさんのイエローキャブが走っています。ニューヨークは地下鉄・路線バスなどの交通機関も充実していますが、目的地が駅やバス停からけっこう遠い場合もあり、いろいろなところを効率よく観光したい時は、タクシー(イエローキャブ)の利用がオススメです。2013年からは日産『NV200』が次世代車両として起用されるので、さらに注目度がアップしている「イエロータクシー」!イエローキャブニューヨークでタクシーは不安・・とお考えの方もいらっしゃると思いますが、少し気をつければ、タクシーは安全で効率的に観光スポットを回れる便利な乗り物です。今回は、一度は訪れたいニューヨークの「イエロータクシー」についてご紹介させて頂きます♪

イエロータクシーの乗り方

①タクシーを拾う
夕方から夜にかけての時間帯、または天候が悪い日は終日、空車のタクシーを拾うことは至難の業です。タクシーを止めるまでに1時間、雨に濡れながら道路に立ちっぱなし…ということも稀ではありません。20ブロック(例えば20stから40stまでの移動)なら20分ほどで歩けますので、徒歩の方が早いことも多くあります。車上のランプがついていることが、空車のサインです。タクシーを止める際には、車上についているボックス型のランプを確認してください。ボックスの中央の明かりが点いていれば、そのタクシーは空車です。ランプが点いていない時は満車か、車内にお客さんがいなくても予約されている場合がほとんど。また、「OFF DUTY」というランプがついているタクシーは、回送中です。タクシー・ランプ②空車のタクシーを見つけたら、交通に注意しながらも少し通りに出て、手を上げてください。止まったら、先を越されないうちに素早く乗り込みましょう。アメリカのタクシーは自動ドアではありませんので、自分でドアを開け閉めすることも忘れずに。手動ドア③行き先を伝える
目的地の「名称」や「住所」ではなく、「通り」の名前を伝えましょう。タクシードライバーの80%以上はアメリカ人ではなく、他国からの移民です。エンパイア・ステート・ビルやグランドセントラルといった名所は名前だけで伝わることがほとんどですが、有名なジャズバーや教会、レストラン、ミュージカルシアターなどの場所は知られていない場合も多くあります。ヒルトン・ホテルといったホテル、ティファニーなどの店舗は。マンハッタン内に複数チェーンがあり、誤解を招くことも。また、住所なども伝わりづらい傾向があります。行き先例えば、5番街のティファニーに行きたい時は、「5番街の56丁目に行ってください(5 avenue and 56 street, please.)」と告げましょう。あらかじめ行きたい場所の位置を地図でチェックしておくことも、大切です。

※多くの場合、乗客が車内に乗り込む前に、ドライバーから行き先はどこかと問われます。目的地があまりにも近い(例えば20ブロック先程度)場合は、乗車拒否をされることが多くあります。さらにマンハッタン内の道路は、一方通行がほとんど。目的地が道路の進行方向と逆である場合も、乗車拒否をされることがあります。大通りでは、道路の進行方向がアップタウン方面かダウンタウン方面かを確認し、目的地へ向かう方向の道路を選んでタクシーを拾いましょう。

イエロータクシー チップ・料金の支払い方

①到着地でドライバーがメーターを止めますので、その表示料金を支払います。チップは料金の15%〜20%が相場。マンハッタン内の移動なら距離に応じて1ドル〜3ドル程度で構いません。タクシーメーター・ジョン・F・ケネディ空港からマンハッタンの料金
一律52ドル。プラス、橋の通行料金とチップが必要になります。総額70ドル前後と考えておくと良いでしょう。

※初乗りは2.5ドル。5分の1マイル(約320メートル)ごとに50セントが追加されます。また、橋やトンネルを渡る際には、通行料金が加算されます。(2014年現在)

※クレジットカードでの支払いは、後部座席にあるタッチパネルモニターで可能な場合がほとんどです。クレジットカードをタッチパネル付属のリーダーに通して、クレジットカード払いを選び、希望のチップ額を入力してください(乗車料金に対するパーセンテージを選ぶタイプと、希望の金額を入力するタイプがあります)。クレジット支払い

イエロータクシー 気を付ける事・注意点

白タク・個人タクシー白タクには要注意!空港の出口などで、声をかけてくる白タクには要注意。白タクとは、ニューヨーク市のライセンスを持っていない個人タクシーのこと。車の色もイエローではないので、すぐに分かります。白タクにはメーターはついていませんし、レシートなどもありません。52ドルの固定レートが設定されているマンハッタン―ジョン・F・ケネディ国際空港間で、100ドル以上の法外な金額を要求された、という被害も多数。マンハッタンでも、雨や雪でタクシーが混雑している時は、白タクの運転手が相場の3倍以上の金額を要求します。タクシーを拾う際は、必ずイエローキャブであることを確認してから乗りましょう。

※レシートには、乗車距離や車番号、乗車時間等がすべて記載されています。車内に忘れ物をして問い合わせたい時や、クレームを出したい時には必須のもの。降りる前に、忘れずに貰っておきましょう。レシート

日本では考えられない海外のタクシー事情

タクシー強盗NYではタクシー強盗の発生件数が急増し、深刻な社会問題となっています。NYのタクシー運転手が最も緊張する瞬間は支払いの時だそうで、運転席と後部座席の間に防犯ガラスを設けているタクシーがとても多いのだとか。今回の取り組みは支払い業務の簡素化やデータ化といったメリット以上に、支払いの完全キャッシュレス化を目指す事により、何よりもタクシー運転手の安全を確保するという目的があるようで、先進国を中心に注目を集めているようです。

いかがでしたか?ニューヨーク市はマンハッタン・ブルックリン・クイーンズ・ブロンクス・スタッテンアイランドの5つの行政区から成り立っていますが、観光でタクシーを利用するのは大抵の場合マンハッタンのみだと思いますので、それを前提として説明しました。

ひとこと
卒業旅行・一人旅などでのタクシー活用で、快適かつ効率的にニューヨークをお楽しみください(*^-^*)♪