英国王室御用達のファッションブランド!ロイヤル・ウォラントの権限とは?

英国王室御用達のファッションブランド!ロイヤル・ウォラントの権限とは?

ロイヤル・ウォラントとは?

ロイヤル・ウォラントロイヤル・ウォラントとは日本語では「王室御用達認定書」と訳され、ロイヤルファミリー(王室)の個々のメンバーから指名され授与される認定書のことで、現在、英国王室の御用達を認定する権限があるのは、エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子の3名のみです。

英国王室御用達のファッションブランド

バーバリーBURBERRY(バーバリー)やはり必ず抑えておきたいブランドといえば「BURBERRY」。このブランドのアイテムを持っている日本人も多いはず。バーバリーは革新性と伝統的クラフツマンシップを軸とする英国ブランドです。創業者 トーマス・バーバリーの信念は現在もブランドの象徴であるトレンチコートなどに受け継が れ、機能的で英国らしい感性に溢れたスタイルを世界に発信しています。
DAKS(ダックス)ダックス1894年、創業者であるシメオン・シンプソンが、わずか16歳にして、ロンドン、ミドルセックスストリートに小さなテイラーを創業。世界で初めてテイラードの機械化に成功し、当時主流だった仕立服と同様、品質の高い既製服を生産することを追及し続け、「シンプソンスーツ」として評価を得る。1930年代には、創業者の次男であるアレクザンダー・シンプソン(アレック)が「DAKS TOP」と呼ばれる世界で初めてのベルトレス・スラックスの開発に成功し、当時、ベルトやサスペンダーを欠かすことができず何かと行動に規制の多かった英国紳士のスラックススタイルに変化をもたらし、紳士服のファッション史に革命を起こす。後に、DAKSはこのベルトレス・スラックスの特許を取得し、英国のみならず世界各国で商標登録が行なわれた。当時15シリングでスーツが購入できた時代、このスラックスは、1本30シリングという高い値で販売されていたが、アレックはそれだけ、売り出していた「DAKS TOP」の品質に自身があったのだと云われています。
TRICKER’S(トリッカーズ)TRICKER'S・トリッカーズ足もとも英国王室御用達ブランドできめたいという時に選びたい「TRICKER’S」。トリッカーズ(Tricker’s)は1829年創業のイギリスの老舗シューズブランドです。伝統的なブランドでありながら、特に人気のあるモデル「カントリーライン」はその独特の個性から、ここ数年で世界中の若者の支持を一気に集めました。トリッカーズではイギリスの伝統的な製法を守り、今も1人の職人が全ての製靴工程を受け持つベンチメイドで靴を作っています。
HUNTER(ハンター)HUNTERイギリス王室も御用達のレインブーツ。 ハリウッドセレブを始め 世界中の人々に愛用されています♡ シルエットが美しく、色の種類が沢山あるのも魅力 のひとつです。

朝食で王室気分を味わうには?

チップトリーのジャムチップトリーのジャム。1757年から英国エセックス州チップトリー村で農園を始めたウィルキン&サンズ社。商品名の「チップトリー」はこの誕生した村の名前が由来です。1885年よりジャム作りを始め、当時から果実の大半を自社栽培しています。ウィルキン&サンズ社の農園は、環境に優しい農業を行うとともに、地域社会との結びつきを保進することを保障した、「LEAF Marque」の承認を受けています。高品質の果物とレシピ、そして職人の長年の経験と専門知識が合わさり、チップトリーのジャムが生まれるのです。朝食にちょっと加えることで王室気分を少しでも味わえるかもしれません^^
オッチェッリバターオッチェッリバター幻のオッチェッリの発酵無塩バターとも言われているバターです、バター作りは毎日の搾乳後の浮いたクリームの除去から始まります。現在大半のバターは大きなタンクの遠心分離器にいれて拡販してつくられますが、 オッチェッリ社では昔ながらのバターチェーンを回して、限りなく手作りに近い形で作られています。オッチェッリバターエレガントなこくと甘みある、≪幻のバター≫とも呼ばれるオッチェッリのバターで王室気分を味わってみてはいかがですか♪
トワイニング社(TWININGS)の高級紅茶。トワイニング・紅茶300年以上の歴史を持つ英国紅茶トワイニング(TWININGS)は 英国王室御用達の紅茶として、世界中で広く愛飲されています。熟練のブレンダーによる 卓越したブレンド技術の紅茶、やはりこの商品は外せません。トワイニング社の高級紅茶。
シュウェップスシュウェップス英国王室御用達のソーダメーカーの認定を受けている「シュウェップス」。「シュウェップス」は、1783年に誕生した世界初※2の炭酸飲料ブランドで、1837年には英国王室御用達のソーダメーカーとして認定を受けるなど、英国をはじめとするヨーロッパ地域を中心に、歴史と伝統を誇る由緒あるブランドとして世界75カ国以上で230年ものあいだ親しまれています。

ひとこと
王室御用達と言えば、ドレスやジュエリーなどを思い浮かべますが、せっけんから芝刈り 機まで、あらゆるものが選ばれており、現在、800ほどが認可されています。これからどんどんアップしていきますのでお楽しみに^^