「天空の森マンション」La Tour des Cedres(杉のタワー)ミラノ建築家

「天空の森マンション」La Tour des Cedres(杉のタワー)ミラノ建築家

ミラノの建築家が設計

高層マンションの建設がスイスのローザンヌで計画されている。ミラノの建築家、Stefano Boeri氏が設計したLa Tour des Cedres(杉のタワー)。常にの緑樹に覆われた高層マンションです。今回はステキなマンションのすべてをご紹介させて頂きます。La Tour des Cedres女性のあこがれでもある、緑に包まれたマンション。再開発が進むミラノのPorta Nuova(ポルタ・ヌオーヴァ)地区に、木々にあふれるユニークな高層マンションが誕生しました。杉のタワー・ミラノイタリア語で「垂直の森」を表す、Bosco Verticale(ボスコ・ヴェルティカーレ)と名付けられたこのマンション。地上26階建て、高さ110メートルの「Torre E(タワーE)」と、地上18階建て、高さ76メートルの「Torre D(タワーD)」から成る、ツインタワーです。

ミラノの建築家・Stefano Boeri氏が設計

Bosco Verticaleの設計は、イタリア人建築家ステファノ・ボエリ(Stefano Boeri)氏の建築設計事務所「Stefano Boeri Architetti」が担当。2009年から建設プロジェクトが本格的にスタートし、2014年10月、ようやく竣工しました。
このツインタワーでは、総面積8,900平方メートルのテラスに、900本以上を植樹。無機質になりがちな高層マンションに、緑あふれる森をもたらし、ミラノの街から排出される二酸化炭素などを吸収する役割も担っています。現時点では、植樹されてから間もないこともあり、まだ若い木々が多いよう。これから年月をかけて、このマンションとともに育っていく様子も楽しみですね。ミラノの緑に包まれたマンション都会のマンション暮らしではなかなか緑に包まれた住まいは実現できない。そんな気持ちを満足させてくれそうな高層マンションの建設がスイスのローザンヌで計画中です。ミラノの建築家、Stefano Boeri氏が設計したLa Tour des Cedres(杉のタワー)は、常緑樹に覆われたマンションなのです。ツインタワーには全部で900本の木が植えられる予定です。木の高さはそれぞれ3〜9メートルと高さを変えて自然な動きを演出し、木の周辺には植物も植えられます。杉のタワー・ミラノBosco Verticaleは、サステナビリティをベースに建築と自然を融合させた秀逸な事例として、2014年、建築デザインの国際アワード「INTERNATIONALEN HOCHHAUS PREIS」を受賞されたそうです。
詳細URL:http://www.slate.com/blogs/the_eye/2015/11/17/bosco_verticale_vertical_forest_by_stefano_boeri_architetti_is_voted_ctbuh.html

ひとこと
デザインの好き嫌いはあると思いますが、時代にあったコンセプトだと思います。価格は、一番高額のお部屋で2億円程と言われていますが、どんな方が購入されるのでしょうか・・とても気になります^^
<BESANEE(ベサニー)公式>
おしゃれで素敵な毎日をforBESANEE