18日『SMAP×SMAP』一部を緊急生放送 5人で心境語る、誠意

18日『SMAP×SMAP』一部を緊急生放送 5人で心境語る、誠意

SMAP、解散危機を暴露 メンバーが語る本音とは…

フジテレビとジャニーズ事務所は18日、同日午後10時15分から放送予定の『SMAP×SMAP』の内容を一部変更すると発表。番組内で独立問題に揺れるSMAPのメンバー5人が、生放送で視聴者に現在の心境を語ることが決まった。

事務所のFAXでは、冒頭で「この度は弊社所属アーティスト『SMAP』に関する問題により、多くのファンの皆様、関係各社の皆様、そしてマスコミの皆さまを大変お騒がせ致しました事、深くお詫び申し上げます」と一連の報道を謝罪。

続けて「先週より報道されております騒動につきまして、社内協議を重ねました結果、今まで支えて下さっているファンの皆様をはじめとする、より多くの皆さまに5人のメンバーの口から直接、現在の心境を語らせて頂く事が、せめてもの誠意の尽くせることと考え、SMAPの5人がレギュラーを務めさせて頂いております唯一の全国放送番組でございます、フジテレビ系列『SMAP×SMAP』の1月18日(月)22:15~放送の内容を一部変更頂きまして、生中継にて5人の現在の心境を語らせて頂きたいと考えております」と説明した。

同騒動は、13日に一部スポーツ紙が一面で報道。これを受けジャニーズ事務所は同日正午過ぎ「SMAPの一部メンバーの独立問題と担当マネージャーの取締役辞任等に関する報道がなされました。たしかに、この件について協議・交渉がなされている事実は存しますが、そのような状況下であるため、詳細についてのお問い合わせにはお答えできません」とコメントを発表した。

14日に草なぎ剛(41)はテレビ朝日系主演ドラマ『スペシャリスト』の番宣のため、同局情報番組3本に報道後初めて生出演したが報道に言及せず。同日夜には稲垣吾郎(42)がパーソナリティーを務めるラジオに出演したがこちらも語らず。香取慎吾(38)も16日にTBS系主演ドラマ『家族のカタチ』のPRを行ったが、騒動については話さず、終始笑顔でドラマの見どころを語っていた。

リーダーの中居正広(43)も16日、パーソナリティーを務めるニッポン放送『中居正広のSome girl’ SMAP』に出演。発言に注目が集まったが、騒動には一切触れず終始和やかな雰囲気で番組を終えた。

騒動について、唯一コメントしたのは木村拓哉(43)のみ。15日に自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で「ちゃんといつか自分の言葉で話せる時がきたら、自分の言葉で、このWhat’s(ワッツ)でお話させていただきたいと思っております」「信じてついてきてください」とメンバーとして初めてファンに語りかけた。

「4対1」に分裂したメンバー間のわだかまりは、実は年明けに解消されていた。スポニチ本紙報道で今回の騒動が発覚する1週間前の1月6日。中居と木村が「SMAP×SMAP」の楽屋で会い、一緒にやっていくことでまとまった。その後、ほかのメンバーと女性マネジャーも交えて話し合い、独立に対する考えの違いはあれど、互いの不信感はここで解消された。

番組冒頭には、世界中のファンから約8000通のメッセージが届いたと報告。「世界に一つだけの花」を歌うSMAPの過去の映像に乗せ、「SMAPが大好きです」「スマスマは自分の人生の一部です」「SMAPの5人から直接話を聞くまでは5人を信じて待ってます」など8通のメッセージが公開された。

その後、生放送が開始。左から中居正広、草なぎ剛、木村拓哉、稲垣吾郎、香取慎吾と横一列に並んだSMAPが映り、「えー、きょうは2016年1月8日です」と木村拓哉が切りだした。

続けて「先週から我々SMAPのことで世間をお騒がせしました。このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねないという状態だと思いました」と語った。

日本中を巻き込んだ騒動。5人の言葉が注目される。

SMAPの“5人”から語られる言葉こそが、今の真実

木村:「これから何があっても前を向く」
香取:「たくさんの人たちに心配をおかけして申し訳ございませんでした」
稲垣:「この度は僕たちのことでお騒がせしてしまったこと申し訳なく思っています」
中居:「今回の件でSMAPがたくさんの人に支えていただいていることをあらためて強く感じました」
草彅:「今回、ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれてここに立てています」

最後に木村が「これからは前を向いて進みたいと思います」と締めくくった。