読むとキレイになれる!ココ・シャネルの言葉に学ぶ「美のヒント」

読むとキレイになれる!ココ・シャネルの言葉に学ぶ「美のヒント」

ココ・シャネルの数々の名言

ココ・シャネルの数々の名言読むだけでキレイのモチベーションをあげてくれる、人生をポジティブに歩む原動力となる言葉があります。今や世界的ブランドとなった「CHANEL」の創始者「ココ・シャネル」が波乱万丈の生涯の中から発した言葉の中には、キレイとは、人生とは何かを指し示しているものがたくさんあります。今回は、折に触れて読み返したくなる美しき人生の格言をご紹介させて頂きます。

ココ・シャネルの名言集

ココシャネルの本有名ブランド「シャネル」を立ち上げたファッションデザイナーで、世界的にも有名なココ・シャネル。彼女は生きていくなかで希望や勇気を与えてくれるようなたくさんの名言を残しています。

・男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはあらゆることに精通していることになるわ。
・愛がなくなったのに、一緒にいることほど惨めなことはありません。
・美しさは女性の「武器」であり、装いは「知恵」であり、謙虚さは「エレガント」である。
・20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績。
・みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。でもそれが私の成功の鍵。みんなと同じ格好をしなかったからよ。
・天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ。
・私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの。
・翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えなさい。

「ココ・シャネル」激動の人生

ココシャネルの激動今や一流ブランドとして世界中の人々に愛されている「CHANEL」の創始者であり、優れたデザイナーでもあったココ・シャネルの人生は、決して順風満帆ではありませんでした。華やかなイメージがあるココ・シャネルは裕福な家庭に育ったように見えますが、彼女は12歳の誕生日の直前に母親が他界し、父親にも捨てられ姉とともに孤児院や修道院で18歳まで過ごしています。母の死、孤児院での生活、二度の世界大戦、沈黙の15年、ヨーロッパでの酷評……。実にアップダウンの激しい人生です。困難や逆境の中でも諦めず常に前を向き、成功を模索し続けるシャネルの生き様の中から生まれた言葉だからこそ、女性の支持を得ているのかもしれません。

CHANELブランドの始まり

ココシャネルの名言パリ郊外に移り住んだシャネルは、退屈しのぎで帽子の製作をしていました。このデザインが認められて1909年に帽子のアトリエを開業し、1910年にはパリに「シャネル・モード」という帽子専門店を開店しました。これが今のCHANELブランドの原点なのです。

ひとこと
たくさんの名言があなたの明日への活力源となれますように♡