世界が賞賛。全豪OPで体調不良のボールガールを救った選手の神対応

世界が賞賛。全豪OPで体調不良のボールガールを救った選手の神対応

世界が賞賛!選手の神対応がとった行動とは?

1月20日、メルボルンで開催されいてる全豪オープンの試合中、フランスのジョー・ウィルフリード・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga)選手が、ボールガールの異変に気づきました。試合の最中の出来事に、観客は固唾をのんで何が起こったのか、見守っていました。テニス選手の神対応2016年1月に開催されたテニスの全豪オープンの1シーン。試合中、ボールガールの異変に気付いたツォンガ選手。テニス選手の神対応彼女にすぐに寄り添い、スタッフの所へエスコートする紳士的な対応に賞賛の声が湧いています。ネットで話題「大丈夫かい?」と聞いているツォンガ選手の声が聞こえます。しかし、女性は、本当に気分が悪いのか、立っているのがやっとの様子です。ボールガールそして、関係者にすぐ来るようにラケットを振って促します。そしてスタッフによってコートを去るボールガール。ボールガール1そのとき、観客席から安堵の声と喝さいが起こったのです。1月のオーストラリアは連日30度前後という気温。それが原因でこちらのボールガールは体調を崩してしまったんだそうです。そこへ、ツォンガ選手がスッと寄り添い、手を取ってケア。紳士な行動にネット上でも賞賛の嵐となっています。

結局このあと、試合を続けたツォンガ選手は、オーストラリアのJasica選手を下し、勝ち進みました。7-5, 6-1, 6-4

ひとこと
ちなみにこのボールガールの女性は、このあと回復し元気になったそうです^^ステキです。