耳の不自由な男性に、スターバックスの店員が渡したメモが感動

耳の不自由な男性に、スターバックスの店員が渡したメモが感動

スタバ店員が渡した一枚のメモが話題

サービスの質やホスピタリティの高さで知られているスターバックスですが、今回、ある男性がスタバ店員からもらった一枚のメモが話題を呼んでいます。

スターバックスで起きた感動のサービスとは…

スタバ・メモスターバックスの店員からメモを受け取ったのは、アメリカ・バージニア州在住のIbby Pirachaさん。Pirachaさんは聴覚障害を患っているといいます。手話聴覚に障害を持っているPirachaさんは、注文するときは携帯電話に文章を打ち込み、それを店員に見せるという方法をとっていました。メモ週3のペースでスターバックスに通っているというPirachaさん。するとある日突然、レジで店員から1枚のメモを渡されたそうです。そのメモがコチラ渡されたメモ「あなたがほかのお客さんと同じように過ごすことができるように、手話(ASL)を習っています。」

そう書かれたメモを手渡されたPirachaさんがその文を見て驚いていると、女性の店員は突然目の前で手話を始め、こう問いかけてきました。

「何を飲まれますか?」

これに対して、Pirachaさんは「私の耳が悪いということを知り、私のために手話を習っていてくれたなんて…信じられない。」と心から感動したといいます。Pirachaちょっとしたメッセージや声かけでだけでも嬉しいものですが、1人のお客様のためにここまでできるなんて、とても素敵な方だと思いました。誰かのために、隠れて頑張る店員さんの姿に感動させられました。

ひとこと
誰かを思いやる気持ちというものは、親しい友人や家族だけでなく仕事でも大きな意味を持てることを改めて実感しました!