グーグルアースを見ていた元米軍兵が南アフリカ沖で謎の機体を発見!

グーグルアースを見ていた元米軍兵が南アフリカ沖で謎の機体を発見!

2年前に消えたマレーシア航空MH370便か!?

マレーシア航空MH370便2014年3月8日、2年前の今日、乗客・乗員239人を乗せたマレーシア航空370便が、マレーシアのクアラルンプールから中華人民共和国の北京市に向かう途中に謎の失踪を遂げた。
救難信号も発せられず、事故後1年以上にわたって行方が分からなくなっていたが2015年7月29日、フランス領レユニオンにて、同機の一部とみられる航空機の残骸が発見され、370便の一部であることが判明した。だが未だに墜落地点さえわからず、搭乗者は全員死亡したと正式発表されたものの、遺体も回収されていない。
そんな中、元アメリカ空軍パイロットであり、UFO研究家であるスコット・ワーリング氏が、8ヶ月前に撮影されたアフリカ、喜望峰のグーグルアースの写真からマレーシア航空MH370便らしき機影を発見したとして話題を呼んでいる。

Flight MH370 Found? On Google Earth Map Near Cape Of Good Hope, March 2016, UFO Sighting News.

『UFOサイツ・デイリー』の編集者であるワーリングは、
「3年前に目撃したUFOがないかととアフリカ大陸南端にある喜望峰を探していると、飛行機の機体のような影を水中に発見しました。私はかつてアメリカ空軍に所属し、エルスワース空軍基地でB-1爆撃機を担当していたので、飛行機には詳しいんです」と映像の中でそう語っている。
「グーグルアースの写真の日付は2015年6月27日で、問題の便が墜落したのは2014年3月8日です。漂流期間は16ヶ月になります」googleアース「喜望峰の深い亀裂の周囲は潮の流れが速いうえに、グーグルの写真も8ヶ月前のものです。飛行機が2、3mの海中に半ば浮かんだような状態にあるとすれば、30〜60kmは流されてしまっているでしょう」と彼は推測している。飛行機の破片ただし、こう論じながらもワーリングは、機影らしきものが実際にMH370便である可能性は1%以下と非常に低いだろうと語る。
国際捜索チームは現在も捜索を継続してはいるが、6月にはそれも打ち切られる予定だ。つい先週には、MH370便のものと思われる1mほどの白い金属片がモザンビーク沖で発見された旨の発表があった。これが墜落機のものと断定するのは時期尚早であるが、発見場所はオーストラリア交通安全局が作成した漂流モデルの位置と一致しており、マレーシア運輸大臣も墜落機のものである「可能性が高い」と声明を発表している。
モザンビークで発見された機体の金属片飛行機発見された部品はフラッペロンであることが判明している墜落2015年7月にフランス領レユニオンにて発見された翼の一部マレーシアマレーシア航空MH370便は2014年3月8日、クアラルンプールから北京へ向けた離陸後ほどなくして、乗客239名とともに失踪した。
現在の捜索対象範囲で飛行機が発見できない理由として、パイロットの行為に問題があったとの見解がオーストラリア交通安全局から発表されている。これは失踪当初からあった説で、機体はオートパイロットで燃料がなくなるまで飛行し続けたというもの。

ひとこと
いまだに手がかりすらつかめない航空史上最大級のミステリー、マレーシア航空MH370 便の失踪からもうすぐ丸2年。乗客239人は未だ不明のままです。